こんにちは、YOKOKO.です。

 

何年か前にトイレの神様という歌が流行りましたね。

 

トイレをきれいにすれば

キレイになれるとか、幸せが入ってくるとか

それは昔から言われています。

 

トイレって、昔は本当に汚いイメージでした。

 

今でこそ、洋式になり、臭いもなくなり

ゆっくりできる個室空間ととらえることもできますが

私が小さい頃、(というか今もそうなのかな?)

私の田舎では汲取式で、さらにはほとんどが和式!

ぽっかりと空いた真っ暗な口の中をのぞくと

冬には、巨大な逆つらら現象が、、、

 

意味の分からない方はそのままで。。。^^;

本当に恐ろしいことになっていたのです。

 

そして、床を拭き掃除すると

すぐにうっすらと氷がはるという、なんともすごい世界ですよね。

家のトイレはまだしも、学校のトイレなんて

汚い、怖い、臭い。まさに3Kです。

 

それに比べたら今のトイレは本当にきれいです。

そして、トイレはやっぱりキレイにしておかないといけないのです。

話によると、トイレ掃除はその家の主がやるといいそうです。

 

世のご主人さま、ぜひトイレ掃除はしてくださいね!

 

なのでサロンのトイレ掃除は私の仕事となっています。

 

 

でもトイレ掃除がどうしても苦手な方、いますよね?

そんな方にお勧めのエッセンスは クラブアップル!

クラブアップル
クラブアップルは、「浄化」と関係があります。

 

クラブアップル

 

潔癖症でキレイ好きな方も多いですが

極端なほどに、汚いものに耐えられない方。

 

知らない誰かが使ったものは手にできない

外ではトイレに入れない

電車のつり革をつかめない

菌に対して異常に心配性、、、

 

思い当たる方、いらっしゃいますよね?

 
ものごとにしても、とってもささいなことが気になったり、

潔癖症や強迫神経症などにとてもお勧めです。

 

 

クラブアップルの中には、

自分なりの秩序や純潔性のようなものがあって

それから外れると混乱をきたします。

 

まわりからみたらなんて事がないことでも

気になるし、気持ち悪い。神経質なのです。

 
自分の中に何か、不浄なもの、

きれいじゃないものがあるという感覚があって

ソレが許せない場合もあります。

 

自分の見た目が許せない

美しくないことに嫌悪感を感じる

極端な場合は、拒食症になったり、整形を繰り返したりすることもあるかもしれません。

 

そうするとそこから自己嫌悪、自己否定などにつながっていきます。

 

実は私も小さい頃、大変なクラブアップルでした。

 

幼稚園くらいの頃から、毎日洋服をきれいにたたんで

枕元に揃えて寝るのが習慣だったのですが

母が敷いてくれたシーツにシワが寄るのがいやで

掛け布団をはいで、必死に手で伸ばしていたのを覚えています。

 

でも布団に入ると当然またシワが寄るので

きーってなって、起き上がってまたシワを伸ばす、、、

 

その小さな背中を見ながら

「この子は大丈夫だろうか、、」と両親が心配するくらいだったそうです。

 

この神経質な女の子、今は一体どこにいっちゃったのでしょう??(笑)

 

クラブアップルの状態は、木をみて森が見えない状態です。

もっとものごとを広い視点でみて

小さなことにこだわらない、心の余裕を持ちたいものですね。

 

 

広告